禁煙にiQOSはお薦め

タバコは愛煙家にとっては嗜好品の1つに捉えられており、法律的な規制もないことから、どこでも自由に吸いたいという願望があります。しかし、現在においては、地域によっては条例等よって規制を掲げているところもあり、ここで大きな問題としているものに副流煙があります。それは、実際にタバコを吸っている人よりも発癌性が高いとも言われており、そのために公共機関を初めてとして、施設や店舗においては禁煙のマークが掲げられています。
喫煙をするにあたって最近、愛煙家から評判を集めているものiQOSがあります。iQOSは加熱式タバコとなっており、全く煙を出すことなくタバコを吸うことができます。また、タバコ特有の臭いも出ないことから禁煙コーナーでも喫煙をすることができるようになっています。販売をしているメーカーでは有害な成分に関しても紙タバコより、大幅に削減されていることが発表されており、人気が高まっています。
iQOSは専用のタバコをホルダーに差込、ここでタバコの葉を加熱して吸うという仕組みになっており、ホルダーにある真ん中のボタンを押すことによって加熱が始まり、ここで発生した蒸気を吸うようになっています。但し、禁煙などが要求される場所では、非常に便利なものになりますが、初期投資としてはキットの値段として9,980円かかることになり、定期的な充電やメンテナンスが必要になります。また、1本ごとに充電をする必要があり、その時間も約6分程度かかることになります。そのために、チェーンスモーカーの人などには対応をすることができす、実際、使用する専用のタバコも通常から比べた場合には、かなり短いものとなっています。
似たような製品としては電子タバコがありますが、この場合にはリキッドを使用して煙が出るようになっており、反面ニコチンが含まれてはいません。iQOSではニコチンが含まれるために体には影響があることになります。
■禁煙をサポートする飲み薬
禁煙成功にはチャンピックス